LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
アクティビティ情報
「感覚をひらく」イベント vol.2 / 『妄想で愉しむ儀式と伝承、そして音』-目に見えないものとのかかわりについて-

ルーヴル ‐ DNPミュージアムラボは、美術作品の「見かたが変わる」ことで、「見えかたが変わる」楽しさをより多くの方々に広げるために、アート体験を通じて、鑑賞者それぞれの内面で起こる「感覚がひらく」状態をより多くの方に体験していただくために「感覚をひらく」イベントを開催しています。

展覧会とトークショウをセットで楽しむ第8回展関連イベント
「感覚をひらく」 イベント vol.2
小林達雄(考古学者)×高木正勝(映像作家/音楽家)
『妄想で愉しむ儀式と伝承、そして音』
-目に見えないものとのかかわりについて-

ルーヴル - ミュージアムラボでは、第8回展「来世のための供物展 古代エジプト美術から読み解く永遠の生への思い」が開催中です。今回のルーヴル美術館からの展示作品は、いずれも古代エジプト人が来世で食事に困らない様、生前周到に準備していた痕跡、そこに表された図像や文字から読み解けるのは、来世の再生復活に捧げた生き様そのものです。「永遠なる生」を信じ、それを実現するための約束事を作り、儀式を執り行ない、3000年もの間、ひたすら守り伝えてきた古代エジプト人。第8回展の展示作品を通して、私たちはその背景にある、私たちにはなかなか見えない、でも彼らには見えていたものを知ることになります。
今回の「感覚をひらく」イベントでは、縄文考古学者の小林達雄氏と映像作家であり音楽家の高木正勝さんをお迎えし、「儀式と伝承」をテーマに、その媒介としての「音」との関わりの中で、古今東西の「見えないもの」の世界へと妄想を繰り広げていただきます。
※日本語のみ

出演者プロフィール
小林達雄(こばやし たつお)
1937年新潟県生まれ。文化庁文化財調査官などを経て85年、國學院大學教授。縄文人の世界観から土器文様を読み解くなど従来にない視点から問題提起を続ける縄文研究の第一人者。新潟県立歴史博物館名誉館長。著書に『日本原始美術大系I 縄文土器』(講談社)『縄文文化の研究』全10巻(編著、雄山閣)『縄文土器大観』全4巻(編著、小学館)『縄文土器の研究』(小学館)『縄文人の世界』(朝日新聞社)などがある。
高木正勝(たかぎ まさかつ)
映像作家/音楽家。 CDやDVDのリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。オリジナル作品制作だけでなく、デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアーへの参加、UAやYUKIのミュージック・ビデオの演出や、理化学研究所、Audi、NOKIAとの共同制作など、コラボレーション作品も多数。Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人100人」の一人に選ばれる(2009)など、世界的な注目を集めるアーティスト。
http://www.takagimasakatsu.com

ルーヴル – DNPミュージアムラボ 第8回展 / 来世のための供物展 古代エジプト美術から読み解く永遠の生への思い
永遠に生き続けたい──そう願った古代エジプト人にとって来世でも現世と同じように食事をし、渇きを癒やすことは最も重要な事柄でした。
そのためには本物の食べ物や飲み物を墓前に奉納する必要があります。また、それらを絵に描いたり文字で表現したものも呪術の力によって永遠に存在する供物となり、本物と同じ効果を持つとしたのです。
ルーヴル - DNPミュージアムラボ第8回展「来世のための供物展 古代エジプト美術から読み解く永遠の生への思い」で展示される作品は、そうした葬礼に関する古代エジプト人の考え方を現代に伝えるものです。
会場では王家に仕えたサケルティという高官のためのステラ(石碑)を中心に、独自に開発した映像装置を使って、当時の巡礼地の様子を俯瞰したり、供物を奉納する儀式に参加することができます。さまざまな角度から古代エジプトの世界を解読していくうちに、エジプト美術に込められた呪術の力が今も効力を発揮しているのを感じていただけることでしょう。
内務の長サケルティのステラ
内務の長サケルティのステラ
紀元前1970年‐紀元前1900年頃
石灰岩、彩色
ルーヴル美術館、古代エジプト美術部門
© 2011 Musée du Louvre / Christian Décamps
サムウトとムウトネフェレトの座像
サムウトとムウトネフェレトの座像
紀元前1479年‐紀元前1425年頃
石灰岩、彩色
ルーヴル美術館、古代エジプト美術部門
© 2011 Musée du Louvre / Christian Décamps

  講演会詳細
  日時 2012年2月4日(土)
トークショウ:14:30~16:00+第8回展特別鑑賞会16:00~閉館18:00
  場所
東京都品川区西五反田3-5-20 DNP五反田ビル1F
・「五反田駅」徒歩6分
 JR山手線(西口)/都営浅草線(A2出口)/東急池上線
・東急目黒線「不動前駅」徒歩7分
アクセスマップ
  定員 100名(満員となり次第締切とさせていただきます)
参加費無料・予約制
 
混雑状況により、展示室への入場、各コンテンツのご体験等お待ちいただく場合があります。

終了しました

問い合わせ先
ルーヴル ‐ DNPミュージアムラボ カスタマーセンター 電話03-5435-0880
※電話受付時間 月~木 11:00-17:00/金 11:00-21:00/土・日 9:00-18:00
※月~金の祝日、年末年始は休み

過去の情報一覧 トップへ戻る
ページトップ
HP掲載画像の無断転載を禁止します。
©2013 Louvre - DNP Museum Lab