LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
  • ラボの情報をいち早くキャッチ! メール配信登録はこちら
  • Museum Lab Scenes
  • 東京-パリ:2つのLDML
  • 来館者の声
  • 主催
  • LOUVRE
  • DNP

これまでの活動

これまでの活動 Vol. 11

「造形」的視点からのアプローチ 検証ワークショップ
(人物表現編)

人物の陰影の付け方、立体表現、背景の表現などに着目し、日本の絵画と西洋の絵画の造形的な違いに対する気付きを得る。

実践-3

作品鑑賞ワークショップ「自分だけの展覧会ポスターを作ってみよう!」

使用システム
端末タブレットPC、ホストPC、キーワードカード、プロジェクタ

実施内容(所要時間:約60分)

1.ルーヴル美術館の概要を知る。
2.西洋美術(ルーヴル美術館所蔵)と日本美術の人物画6点の作品から西洋と日本の作品を各1点ずつ選び、展覧会ポスターを作成する。
2つの絵の対決ポイントやつながりを探し、タブレットPCのペンツールでキャッチコピーも書き加えてみる。
3.各グループが作成したポスター画像を見せながら、展覧会の見どころや着目した点を発表する。

場所:DNP五反田ビル ホール
日時:2013年2月16日(土)14:00〜15:00
対象:中野区立第五中学校 美術部員 6名
ファシリテーター:花里裕子先生

Vol. 10
Vol. 12
ページトップ
HP掲載画像の無断転載を禁止します。
©2013 Louvre - DNP Museum Lab