LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
LOUVRE - DNP MUSEUM LAB
  • ラボの情報をいち早くキャッチ! メール配信登録はこちら
  • Museum Lab Scenes
  • 東京-パリ:2つのLDML
  • 来館者の声
  • 主催
  • LOUVRE
  • DNP

これまでの活動

これまでの活動 Vol. 14

「造形」的視点からのアプローチ 検証ワークショップ(空間表現編)

対象の形や色彩、陰影の描き方などに着目し、日本と西洋の風景画の造形的な表現の違いに対する気付きを得る。

実践-2

プログラム実証実験(美術鑑賞プログラム検証実験授業)
タブレットを使った作品鑑賞授業「絵画に入って現場中継しよう」

場所:足立区立青井中学校 
日時:2013年7月5日(金)
ファシリテーター:三浦悦子先生

使用システム
端末タブレットPC:20台、ホストPC、液晶モニター

実施内容(所要時間:約50分)

1.ルーヴル美術館の概要を知る。
2.西洋の風景画(ルーヴル美術館所蔵)4点と日本美術の風景画4点、計8点の作品を手元のタブレットPCを使って分類し、その根拠を発表しあう。
3.各グループで1点の作品を選び、描かれているものや視点に着目し、現場中継をすることで日本の絵画と西洋の絵画の相違や共通性について考える。

Vol. 13
Vol. 15
ページトップ
HP掲載画像の無断転載を禁止します。
©2013 Louvre - DNP Museum Lab